みーはーにゅーす

ミーハーなまとめブログ

セミの寿命1週間は俗説だった!1か月は生存できることを高校三年生が証明

「セミは地上に出てから1週間程度しか生きられない」というのは俗説で、実は1カ月くらい生きていることを、 岡山県立笠岡高サイエンス部の3年植松蒼さんが独自の野外調査で“証明”した。調査の手法と結果を、 5月に広島大で開かれた「中四国地区生物系三学会合同大会」で報告。高校生の部(動物分野)で最優秀賞を受賞した。

調査手法は、捕まえたセミの羽に油性ペンで番号をマーキングして放し、後日、再捕獲を試みるというもの。 植松さんは2016年の7月中旬から9月中旬にかけて、笠岡市内の住宅地や雑木林など4カ所でほぼ毎日、この調査を繰り返し、 アブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミなど計863匹にマーキング。15匹を再捕獲し、4匹を再再捕獲した。

植松さんは「なかなか再捕獲できず、調査の効率は非常に悪かった」と笑うが、調査の結果、アブラゼミ、ツクツクボウシ、 クマゼミの3種で10日以上の生存を確認。最長生存確認記録はアブラゼミが32日間、ツクツクボウシが26日間、クマゼミが15日間だった。 

 

これはすごい

 

最初の方はマーキングして再捕獲かー、頑張ったなーって感じだったが

>現在、調査の精度を上げるため、セミの鳴き声の波形を専用ソフトで解析して、個体をそれぞれ把握する手法の確立を目指している。

これは凄いな

 

ならば地中で七年地上で1ヶ月?

 

オタマジャクシの後ろ足はゆっくり生えるが
前足は薄い被膜を破って一気に生える
これを見つけたのも日本の小学生だったな

大人は先入観で凝り固まるから
常識が非常識に変わることはマーシャルのピロリ菌のように身の回りに有る

 

1ヶ月くらい生きるの、
前からいわれてただろ、
初めて証明したわけではないのでは?

 

初めてとは書いてないからな

 

蝉の死骸を見かけないのは鳥が
バクバク食べてるからだよ
俺は何度も見たよ

 

野良猫が瀕死の蝉をいたぶった挙句食ってるのなら見たことある

 

田舎民は知ってた
一週間何て絶対違うと

常識過ぎて盲点だったな

 

でたらめじゃん
分かったのは最長一ヶ月くらい生きる個体がいる種があるってことだけで
むしろ大半は再捕獲できなかったことが(平均的には)1週間説を示唆しているように見えるぞ

 

結構前から一週間説は嘘だと言われてた気がするけど、
むしろ間違った説の起源が知りたい

 

誰かがなんかの本に幼虫が地中で7年、成虫は1週間って書いたのがそのまま使われ。
って聞いた

 

地中に7年も疑わしくなるな

 

それは前から言われてる
典型的な素数ゼミ以外はかなりいい加減で検証されてない

 

つまり100年ぐらい地中にいる可能性もあるってことか

 

たぶん人が捕まえた場合は1週間ぐらいしかもたんからでは?

 

俺もこれに一票
餌与えてもストレス凄いだろうしな

 

えっと
他の研究者は今まで何やってたの?

 

そこだよな

 

言われたことを無条件で信じてた。
案外根拠を探すと、適当なホラ話だったりする。
まあ、セミの寿命なんてほとんどの人は関心持ってなかったんだろうよ。

 

>計863匹にマーキング
これすごいだろ。

 

研究所の職員とかじゃなくて一高校生だからな
だが今の御時世では通報されそうなのが心配だ

 

その労力を女の子に使えばやりまくりだろうに

 

女の子863人にマーキング!

 

再々捕獲4人w

 

何度も捕まるような間抜けがそんなに生きるなら賢い奴はもっと生きてそう

 

セックスするために地上に出て来たんだよね
俺知ってんだ

 

そーだよ
あの鳴き声
「やりてー やりてー やりまくりてー」って
魂の絶叫なんだ

 

囲いの中で放せば
金はかかるが楽だったのではなかろうか?

 

それだと「環境が違う」とかインネンつけてくる奴いそう
自然環境の中でこのデータがとれた事に価値がある

 

元スレ:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560920645/